<< グリーン・フィンガー | main | 視点 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2007.09.19 Wednesday | - | - |

VS絶叫マシーン

家族しっぽり企画
...ということで、河口湖周辺に繰り出した我が家でした。
(実は、もうかなり前の日記なんだけどね)

 いや、目的は河口湖じゃあなかったんです。
富士急ハイランド。。。絶叫マシーンの坩堝.....
だれよ、ここに決めたのは。嬉しくないってば。。。

 というのも私、大人になってからというもの、ひたすらに地球の重力の法則にしたがって生きてきたため、身体は、頑強にそれを受け入れてしまっている。。。
つまり、非日常、有り得ないような力の法則には、身体が付いて行けんと信じきっている。。。
気がつくと、ブランコも気持ち悪い。エスカレーターも不自然、ならば階段を駆け上がるほうがまし..そんな日常を送っている私が、富士急で何をしようというのだ。。
....と、言うわけで、最初は傍観を決め込むつもりであった。
(みんな、楽しんできてね〜〜〜)わたしゃ、のんびりさせてもらうわ。。。。


....が、しかし。。。
 あの、入場口の門をくぐったとたん、思った。ハタと気づいた。
(こっ、これは絶好のチャンスかも!!)
そうだ!!ひょっとして、身体と五感の情報と意識についての(ついでに恐怖という感情も。)つまりは身体操作の、またとない学びのチャンスではないかっ!!

 なんだか、そう思ったとたん力が漲る。。
おお、克服できそうな気がしてきた!!
 あれほどやる気のなかったかーさんが、一体どうしたことか??残る三人はさぞ、怪訝に思ったことだろう。
「無理はしないでよ、何も元取るために わざわざ乗ることないんだから。。」
ーおいおい君たち...いくら私でも、元取るためにはそこまでしないって。。。

 さて、むふふ。。。
バッチリだったわよ〜〜ン♪
 上下360度回転系。ゴンドラタイプでグ〜るぐる。アーちょいなちょいな♪回っとけ。。。重力にまかせとけ。。逆さになったら落ちとけ。。クリアですわ♪
 左右360度回転系。。もう、振り回しちゃって。。何周でもぐるぐるしちゃって♪富士山が、まぁきれいだこと〜余裕ですわ。遠心力?ええ、飛ばされとけってな感じですか。。。こちらもクリアですわ♪

 力を入れない。体中の力を抜く。意識をはずす、視覚からの情報に惑わされない。抵抗しない。
おお!!このあたりを頭に入れて挑むと、こんなにも難なく乗れて、しかも楽しめるのですなー、いやはや。。。
なんだか、生まれ変わったような感じまでするし...爽快だ!!
あちこちのアトラクションを制覇するうちに、他の三名はフラフラ、よろよろしだしたというのに、なぜか一人、はつらつ。「じゃ、次ぎ行ってみよ〜!!」拳なんか振り上げちゃったりして。。
調子に乗って、「ここまできたら、[FUJIYAMA] も楽勝かぁ??行ってみよ〜!♪」
 怖気づく息子をなだめ、ええ、行かせて頂きましたわ。


....そしたら....


最初の急降下を終えて隣の息子を見たとたん。。
げげっ!!白目向いてる。泡吹いてる。顔が紫、息してない。。。
「息しなさいよ〜!!死ぬなよ〜〜!!落ちるなよ〜〜!!
大丈夫か〜〜息子〜〜!!!」
 いきなり目の前の現象に捕らわれてしまった。
とたん、身体に緊張が走り、頭はパニック、ああもう冷静でなんかいられない。
三分三十秒。。。ああ、息子よ死ぬな。ショックでおかしくなったらどうしよう。。息子がこの衝撃に、どんな気分で耐えているか思いっきり同調。感情の移入。気がつくと息子になり代わっている。。。
が〜〜ぐ〜〜げ〜〜。。もうダメでした。。。
もう、フラフラでした。。。
生きた心地がしませんでした。。。


.....。


 あの、意気揚々はどこへやら....
打ちひしがれた気分。。。敗北感。。。。腰も抜けた。。。
息子よ、悪かった。本当に悪いことをした。。さぞ怖かったろう、お前。。。

 さんざん詫びて、最後に
「お前が落ちるんじゃないか、気がふれるんじゃないか、息がとまって、心臓も止まっちゃうんじゃないか、、もう、それが心配で心配で....」
 そしたら、息子
「いいけどさぁ。。おかーさん、そういうのは最初に飛ばして乗らなきゃ。。。」

.....絶句の母であります。

  学びの詰まった富士急でした。
なんの、次回も(また行く気かい。。)チャレンジよ。
まっとけ[FUJIYAMA]、それから『ええじゃないか』。。。

| 日々のつれづれ | 2007.09.05 Wednesday 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2007.09.19 Wednesday | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mingetu.jugem.jp/trackback/49

Trackback